SSCP®- Systems Security Certified Practitionerとは

sscp

SSCP(Systems Security Certified Practitioner)は、(ISC)2が認定を行うベンダーフリー・カントリーフリーの情報セキュリティの資格です。
SSCPは、ネットワーク・システム開発や運用などに従事し、通常は情報セキュリティを専業としていないけれども、情報セキュリティの知見を技術としての観点だけではなく、「組織」という観点から理解し、情報セキュリティ専門家や経営陣とコミュニケーションを図れることを目指している人材を認証します。当然情報セキュリティ専業で経験年数が少ない方にとっても、より実践に近い内容をグローバルの標準に則った内容で理解していることを証明できる資格です。
認定期間は3年間となっており、1年毎の認定継続要件および3年毎の認定継続要件を満たすことが必要です。
ANSI(米国規格協会)より、ISO/IEC 17024の認証を受けていることによる厳正な資格開発、運用、運営、維持に加え、米国国防総省のキャリアパスにおいて取得が義務付けられている資格の一つにも認定されており、情報セキュリティ&IT実務者がグローバルの共通言語と知識を保有している事を証明できる資格になっています。